2013年04月20日

太陽を抱く月 第10話その1

死者からの手紙

ウンはポギョンが覗いているフォンの寝室の扉をそっと閉める。

ポギョンはウンを睨みつけると、フォンには黙っているよう告げてその場を去って行く。

その頃、ウォル(ヨヌ)の怪我に気づいたフォンは、医官と医女を呼んで治療させるようヒョンソン内官に命じる。

フォンはウンからウォル(ヨヌ)の手紙を手渡されると、かつて手紙をくれたヨヌの記憶が昨日のことのように甦る。

ヨヌに思いを馳せていたことをヒョンソン内官に諌められたフォンは、康寧殿に来ていたポギョンを訪ねる為に中宮殿へ向かう。

寝室には来ないよう暗に警告されてプライドを傷つけられたポギョンは、女官にフォンの動きを探るよう命じるのだった。

一方、ウォル(ヨヌ)を捜し回っていたヤンミョン君は、突然女の子に抱きつかれて当惑する。

その女の子は何年も前に助けたチャンシルだった。

チャンシルが星宿庁の巫女だと知り、何とかウォル(ヨヌ)のことを聞き出そうとするヤンミョン君。

チャンシルは一瞬口を滑らせそうになるが、ノギョンの脅し文句を思い出し、慌てて知らない振りをするのだった…。
posted by のろみ at 23:00| Comment(0) | 第6話〜第10話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。