2013年04月23日

太陽を抱く月 第13話その1

魔女狩り

フォンとポギョンの夜とぎが行われようとする中、夜とぎの成功を願って祈りを捧げるノギョン。

しかし同じ頃、ヘガク導師もフォンとヨヌの縁を元に戻そうと祈りを捧げていた。

その結果、夜とぎに臨んでいたフォンは原因不明の病で倒れ宮廷は緊急事態に陥る。

その頃、ウォル(ヨヌ)は「一緒に逃げよう」と告白してくれたヤンミョン君に、巫女の自分を人として扱ってくれてありがたいと感謝の言葉を伝えていた。

二人が話ししているところに駆けつけたチャンシルは、フォンが原因不明の病で倒れたことを知らせ、すぐにフォンの元へ向かうよう告げるのだった。

ウォル(ヨヌ)は康寧殿へ駆けつける。
そして苦しむフォンを目の当たりにして涙を流す。

ウォル(ヨヌ)が来た途端に、先程まで苦しんでいたフォンの荒い呼吸は収まり、みるみる内に病状が好転しだす。

その様を目の当たりにした臣下達は驚きを隠せない。
今、緊急事態に陥った宮廷はようやく落ち着きを取り戻したのだった。

そんな中、夜とぎが失敗したボギョンは、自分に恥をかかせたフォンに恨みを抱き、ユン・デヒョンと共謀し、夜とぎの失敗の原因をウォル(ヨヌ)のせいにしようと画策していた。

その結果、ウォル(ヨヌ)は大逆罪の濡れ衣を着せられて義禁府に連行されるのだった…。

TOTO 【いつでもどこでも自分用】携帯ウォシュレット YEW350

posted by のろみ at 23:00| Comment(0) | 第11話〜第15話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。