2013年04月28日

太陽を抱く月 第18話その1

血の雨が降る前兆

世子嬪の死にミナ王女が関わっていたことをホン・ギュテから報告されるフォン。

ヨヌが記憶を取り戻したことを隠していた事情がようやく呑み込めたフォンは、事件の卑劣さに愕然とする。

その頃、真相が暴かれたことなど知らないミナ王女は、体調不良で久しぶりに義母と宮廷を訪れ、内医院で治療を受ける。
そして、その際にヨムの子を懐妊したことを知って大喜びするのだった。

ミナ王女は、兄のフォンに報告するため、康寧殿へやって来る。

そんな浮かれ気分の妹ミナ王女に、

「どうして世子嬪の死に関わった!」

と怒りをぶつけるフォン。

怒り心頭のフォンに恐れをなしたミナ王女は、当時の出来事を包み隠さず打ち明けるのだった。

当時の選択に後悔していないことを明かすミナ王女に、

「外戚を罰するためにも厳罰に処す」

と伝えるフォン。

するとミナ王女は、夫のヨムとお腹の子だけは助けて欲しいと哀願するのだった。

ミナ王女が懐妊した事を知ったフォンは、叫び声を上げてその場に泣き崩れてしまう…。


TOTO 【いつでもどこでも自分用】携帯ウォシュレット YEW350
posted by のろみ at 22:00| Comment(0) | 第16話〜第20話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。