2013年04月21日

太陽を抱く月 第10話その2

その夜、フォンは寝室を訪れたウォル(ヨヌ)と手紙のことで口論になり、気分転換に散歩に出かける。

身代わり巫女として同行していたウォル(ヨヌ)は、隠月閣の前でフォンと過ごした過去の記憶が甦るのだった。

「私のことを本当に知らないのか?」

と迫るフォンに、

「私に誰の面影を重ねているのですか?私はヨヌではありません」

と答えるウォル(ヨヌ)。

興奮したフォンに帰るよう命じられてしまう。

そんな中、フォンに入宮するよう命じられたヨムは、ヨヌが生前にフォンに残した手紙を発見する。

翌日、謁見したフォンに

「妹のことは忘れて、王妃と幸せになって下さい」

と伝えて手紙を手渡す。

フォンは手紙を読み、ヨヌが死の直前まで自分のことを気遣ってくれていたことに心を痛める。

そんな時、ヨヌとウォル(ヨヌ)の筆跡が酷似していることに気づいたフォンは、すぐにウォル(ヨヌ)を連れてくるよう命じるのだった。

その頃、いつものように康寧殿に向かっていたウォル(ヨヌ)は…。
posted by のろみ at 10:00| Comment(0) | 第6話〜第10話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

太陽を抱く月 第10話その1

死者からの手紙

ウンはポギョンが覗いているフォンの寝室の扉をそっと閉める。

ポギョンはウンを睨みつけると、フォンには黙っているよう告げてその場を去って行く。

その頃、ウォル(ヨヌ)の怪我に気づいたフォンは、医官と医女を呼んで治療させるようヒョンソン内官に命じる。

フォンはウンからウォル(ヨヌ)の手紙を手渡されると、かつて手紙をくれたヨヌの記憶が昨日のことのように甦る。

ヨヌに思いを馳せていたことをヒョンソン内官に諌められたフォンは、康寧殿に来ていたポギョンを訪ねる為に中宮殿へ向かう。

寝室には来ないよう暗に警告されてプライドを傷つけられたポギョンは、女官にフォンの動きを探るよう命じるのだった。

一方、ウォル(ヨヌ)を捜し回っていたヤンミョン君は、突然女の子に抱きつかれて当惑する。

その女の子は何年も前に助けたチャンシルだった。

チャンシルが星宿庁の巫女だと知り、何とかウォル(ヨヌ)のことを聞き出そうとするヤンミョン君。

チャンシルは一瞬口を滑らせそうになるが、ノギョンの脅し文句を思い出し、慌てて知らない振りをするのだった…。
posted by のろみ at 23:00| Comment(0) | 第6話〜第10話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽を抱く月 第9話 その2

なぜか身代わり巫女のウォル(ヨヌ)が気になるフォンは、ウォル(ヨヌ)の正体を突き止めるためにウォル(ヨヌ)が何者であるかを徹底的に調べさせる。

そしてウォル(ヨヌ)が本当に星宿庁巫籍に名を連ねている巫女であり、ユン・デヒョン一派とはまったく関係していないことを知ると、すぐに身代わり巫女としての役目を果たすよう命令を下すのだった。

閉じ込められていた部屋から出され、額に烙印を押されそうになるウォル(ヨヌ)。

間一髪、額に烙印を押される直前にフォンからの命令でヒョンソン内官がそれを止めることに成功する。

間一髪のところを助けられ、反省文を書くために文房具店へ向かうウォル(ヨヌ)。

そこでヤンミョン君と再会し、そして記憶の断片が甦りヤンミョン君のことを思い出すのだった。

しかし、甦った記憶を自分の記憶とは思っていないウォル(ヨヌ)は再会したヤンミョン君に

「もう心に抱く人のことはお忘れ下さい。これからは作り笑いで本心を隠さないで」

と忠告するのだった。

落胆したヤンミョン君に名前を聞かれると、

「ウォル(ヨヌ)です」

とだけ告げて立ち去る。

一方、身代わり巫女の存在を知ったポギョンは、不吉な予感が振り払えず、

フォンから出入りを禁じられているにも関わらず康寧殿へ向かう。

そしてポギョンフォンの寝室を覗き見するのだった。
posted by のろみ at 08:00| Comment(0) | 第6話〜第10話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。