2013年04月19日

太陽を抱く月 第9話 その1

太陽のそばに隠れた巫女

「誰の指示で来た!」

ウォル(ヨヌ)を責め立てるフォン。

ユン・デヒョンの間者だと疑っているフォンは、

「自分はただの身代わり巫女です」

と訴えるウォル(ヨヌ)を信用しようとしない。

フォンの寝室で騒ぎが起きていることを知り駆けつけたナ・デギルは、
あまりにも激怒するフォンに恐れを抱く。
そして、保身のためにウォル(ヨヌ)を切り捨てることにする。

ナ・デギルは、ウォル(ヨヌ)を国王の体に触れた大逆罪人に仕立て上げ、額に烙印を押して遠方に追い払えと命じるのだった。

ナ・デギルの命令により囚われの身となり、小さな部屋に閉じ込められ途方に暮れるウォル(ヨヌ)。

囚われたウォル(ヨヌ)の身を案じるソルは、ウォル(ヨヌ)の正体がヨヌだと明かすようノギョンに進言する。

しかし、ノギョンは

「余計なことを言うな」

と一喝するのだった…。
posted by のろみ at 23:00| Comment(0) | 第6話〜第10話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽を抱く月 第8話 その2

宮廷に連行され、フォンが寝静まった後に身代わり巫女としてフォンの寝室に入れられるウォル(ヨヌ)。

目の前で眠っている男の顔を見たウォル(ヨヌ)は驚きを隠せない。

ウォル(ヨヌ)が身代わり巫女としてフォンの寝室にやって来たことに驚いたウンは、ウォル(ヨヌ)が額に触れた瞬間にフォンが安らかな寝顔になったことにも驚かされる。

そして、ウォル(ヨヌ)のおかげで翌日にはフォンの体調はすっかり回復していたのだった。

一方、ウォル(ヨヌ)が拉致されたと知って宮廷に戻ってきたノギョンは、身代わり巫女にさせられたウォル(ヨヌ)を救い出そうとする。

しかし、既にウォル(ヨヌ)は身代わり巫女としてフォンを助ける決心をしていた。

身代わり巫女として再びフォンの寝室を訪ねるウォル(ヨヌ)。

前回と同じようにフォンの額に手を当てると、なぜか記憶がフラッシュバックして甦る。

さらに、目を覚ましたフォンに

「お前は誰だ!」

と押し倒されてしまうのだった。

突然の出来事に言葉を失ってしまったウォル(ヨヌ)は…。
posted by のろみ at 10:00| Comment(0) | 第6話〜第10話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

太陽を抱く月 第8話 その1

身代わり巫女

ノギョンは王の病を治すために、宮廷に戻るよう命じられるが断る。
これに対して、宮廷からやってきた使者はノギョンの娘と言われているウォル(ヨヌ)を拉致して宮廷に連れて行こうとする。

拉致され猿ぐつわをはめられたまま籠の中に閉じ込められたウォル(ヨヌ)。
必死に籠の戸を開けようとするが思いどおりにならず、その時仮死状態で棺に閉じ込められて苦しんだ記憶がよみがえる。
誰の記憶なのかが分からず混乱したウォル(ヨヌ)は、そのまま籠の中で気を失ってしまう。

都に到着したウォル(ヨヌ)は逃げ出し、市場の中で僧侶の姿をしたヤンミョン君に偶然出くわし助けを求めるのだった。

ヤンミョン君は突然現れたウォル(ヨヌ)に

「私が誰なのか本当にわからないのか?」

と尋ねるが、記憶を失ってしまったウォル(ヨヌ)はヤンミョン君にまったく気づく気配は無い。

それでもヨヌの面影を持つウォル(ヨヌ)を必死で追っ手から守るヤンミョン君。

しかし、ウォル(ヨヌ)に気を取られた隙に不意打ちを食らってやられてしまう。

ウォル(ヨヌ)は再び使者に捕まってしまうのだった。
posted by のろみ at 23:00| Comment(0) | 第6話〜第10話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。