2013年05月03日

登場人物紹介

■登場人物紹介■
空を彩る名に秘められた運命

◆雨◆
ホ・ヨヌ:巫女。陰謀でヨヌは死に追いやられ記憶を失う。後に巫女ウォルとしてフォンに再開。
ヨヌ【煙雨】は霧雨の意味。そよ風のように優しく降り、いつの間にか消える。時に太陽と共にある。


◆月◆
ウォル【月】は太陽と対の存在。太陽の光により昼は隠れ、夜は輝く。時に太陽を抱くように重なる。

◆太陽◆
イ・フォン:朝鮮王朝の王。亡くなったヨヌを思い続けて心を閉ざす。ヨヌに似たウォルに心を動かされる。
フォン【喧】は暖かい太陽の意味。天に輝き世の中をあまねく照らす一つの太陽は「王」の象徴。

◆太陽◆
陽明君(ヤンミョングン):フォンの兄。成祖の側室の息子。恋心を抱き続けた故ヨヌと生き写しのウォルを愛する。
陽明君の王族としての称号【陽明】は明るい太陽の意味。「王」である太陽は一つでなければならない。

◆雲◆
キム・ジェウン(ウン):フォンの護衛官。陽明君とヨムの親友。フォンを守る。
ウン【雲】は太陽や月、雨とともに空に浮かぶ。時に雨を呼び、また太陽や月を守るように寄り添う。

◆炎◆
ホ・ヨム:ヨヌの兄であり、ミナ王女の婿。ヨヌと父の死を憂う。
ヨム【炎】は温かくともる火であり、華やかな火花。炎はまっすぐに空に向かって立ち上がる。

◆雪◆
ソル:ヨヌの家の元使用人。記憶の無いヨヌを見守り護衛する。
ソル【雪】は凛として白く美しい。雪は雨に近く、炎に近づくと溶けてしまう。


韓国ドラマ・ガイド 太陽を抱く月 (教養・文化シリーズ)
posted by のろみ at 08:00| Comment(0) | 登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。